プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

西武ライオンズ、松本航のここまでの評価から新人王になれるか考察!

   

 2018年のドラフト会議は、大卒と社会人の右腕が大豊作と言われました。その中で埼玉西武ライオンズは、日本体育大学出身である松本航投手の単独指名に成功しました。ここではそんな彼が、新人王になれるかどうかなどについて、探ってみたいと思います。

プロフィールと周りからの評価

出身地:兵庫県朝来市出身
利き腕:右投げ右打ち
ポジション:投手

 近所のお兄さんに誘われたことがきっかけで、小学2年生から野球を始めました。最初は、ポジションは内野手でした。中学は学校の軟式野球部に入部し、その時から投手を務めるようになります。高校は地元の公立高校である明石商業高校へ進学。

 甲子園出場はなりませんでしたが、2年生の夏以降は主力の投手として活躍しました。明石商業には彼以外に過去プロの道へ進んだ人はおらず、彼は明石商創立以来初のプロ野球選手となったのです。大学は日本体育大学を選び、2年時には首都大学リーグの最高殊勲選手と、最優秀投手に選出されました。

 4年間でリーグ通算30勝を挙げた他に国際大会での実績も多く、3年時の2017年には大学生のオリンピックとも言われる夏季ユニバーシアードに代表選手として出場し、日本の優勝に貢献しました。4年時には日米大学野球選手権とハーレムベースボールウィークに出場し、チームの優勝のみならず両大会で共に最優秀投手賞のタイトルを獲得しております。

 そんな松本投手は、最速155km/hの伸びのある直球が持ち味であり、高い奪三振率を誇りながら四死球率が非常に少ない、完成された投手だと評価されていました。スカウトの中には彼の安定感を非常に高く評価する人もおり、調子の波を感じさせないことや悪いなりも要所を抑えられることを絶賛する声も多かったです。

新人王の可能性

 松本投手はキャンプ中から、前評判通りの非常に良い投球を見せておりました。2月10日のシート打撃では、2018年の本塁打王である山川穂高選手を見逃し三振に抑えると、実践初登板となった2月16日には6度本塁打王になったことがある中村剛也選手からも見逃し三振を奪い、2回を無安打無失点というピッチングを見せ、堂々の実践デビューを果たしました。

 そして初めての先発登板となった、3月9日に倉敷で行われた対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で4回2安打無失点の投球を見せ、辻監督から開幕ローテーション入りを明言されます。ここまで非常に順調な調整を見せ、新人王の期待も高まっていたところでした。

 ところが、3月20日に風邪による発熱と診断を受け、3日後には軽い肺炎と診断されたことで開幕ローテーションから外れることになり、療養に入りました。そして復帰後、5月4日の西武第二球場での対横浜DeNAベイスターズ戦では、7回3安打7奪三振という素晴らしい投球を見せ、近日中の一軍デビューが決定しました。

 一軍初登板となった5月19日の対オリックスバファローズ戦では先発し、5回を4安打2失点に抑えてプロ初登板で初勝利となりました。肺炎の影響で出遅れ、ここまでの成績はまだ1勝1敗ですが、キャンプ時には非常に良い投球を見せ、新人王の筆頭候補とも言われた選手です。

 また、ライオンズは2018年までエースだった菊池雄星投手が、メジャーへ移籍したことから先発投手の駒不足は否めず、ここから先松本投手はローテーションの一角を担うと考えられます。また、ライオンズは打線が非常に強力です。

 現在、打率でセパ両リーグ合わせてもダントツトップの森友哉選手、本塁打と打点で現在2位以下を大きく引き離してトップを走る山川選手など。多少打たれたとしても粘り強く抑えられれば、ここからでも2桁勝利の可能性は十分と言え、まだまだ新人王の可能性は十分にありそうです。

まとめ

 以上、松本航投手についてご紹介しました。西武ライオンズは2018年、先発とリリーフのいずれも防御率がパ・リーグ最下位となりました。

 そして2019年も、6月11日現在でチーム防御率4.62と、他の球団から大きく離されて最下位。12球団全体で見ても最下位となってしまっております。

 チームの巻き返しに向けて、現在ローテーション投手として活躍している26歳の多和田真三郎投手、22歳の髙橋光成投手、21歳の今井達也投手ら若手と共に、巻き返しに携わってくれる投球に期待したいですね。

 - シーズン , , ,