プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

ヤクルトのブキャナンの嫁、アシュリー夫人が美人だと話題に!

   

 2019年で日本に来日してから3シーズン目になった、東京ヤクルトスワローズのデビッド・ブキャナン投手。入団から2年連続で、チーム最多のイニングを投げています。

 またスワローズの中では2017、2018年とも唯一の規定投球回到達者と、チームにとって欠かせない戦力となっています。今回はそんな彼について、特に奥様のアシュリー夫人を中心にご紹介します。

プロフィール

本名:デビッド・アンドリュー・ブキャナン
生年月日:1989年5月11日(30歳)
出身地:アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ
利き腕:右投げ右打ち
ポジション:投手


 2010年のMLBドラフトで、フィラデルフィア・フィリーズから7巡目で指名され契約。 2014年の開幕をAAA級リーハイバレーで迎えると9試合に登板し、5勝1敗の好成績を残し5月24日にメジャー契約。

 同日のロサンゼルス・ドジャース戦で、先発としてメジャーデビューを果たすと5回を5安打2失点2奪三振に抑え、メジャー初登板初勝利を挙げました。このシーズンは最終的に20試合に先発登板し、6勝8敗ながら防御率3.75という成績でした。

 しかし、2015・2016年は思ったような成績を残せずに戦力外となり、2016年12月19日に東京ヤクルトスワローズが獲得を発表しました。メジャーでは通算35試合に全て先発として登板し、8勝17敗で防御率5.01という成績でした。

嫁のアシュリー夫人が話題に!

 ブキャナン投手については、夫人のアシュリーさんも話題になっています。助っ人外国人選手の夫人たちの中でも1、2を争う美貌の持ち主との呼び声も高いようです。彼女が話題になったきっかけは、初来日した2017年1月25日の成田空港での取材でした。

 ブキャナン投手の奥様についてはその前から噂は立っており、2016年11月に結婚したばかりということで、報道陣が「奥さんの写真があったら見せて欲しい」とお願い。するとそれに快く応じ、自身のスマートフォンに保存されているツーショット写真を披露。あまりの美しさに、報道陣からはどよめきも上がったそうです。さらにこの時、夫人がシーズン開幕直後の4月に来日予定であることも明らかになります。

 そしてその言葉通り、アシュリー夫人は4月9日に来日。翌日、ヤクルトの先発投手たちが練習を終えた後、神宮球場のクラブハウスに報道陣が集まっている中、クラブハウスへとアシュリー夫人が入っていきました。金髪姿でサングラスをかけ、背中の開いたニットに黒のパンツで芸能人のようなオーラを纏っており、評判通りの方でした。

 誰に似ているかを表現するのがなかなか難しく、スワローズの近藤通訳はオーストラリアの女優で映画プロデューサーも務めるニコール・キッドマンと挙げたものの、彼女は50歳を超えて倍近く歳が離れており、ファンからもあまり同意は得られませんでした。そんな中で、イギリス王室のキャサリン妃に似ているという声が出たところある程度の納得が得られ、ニュースなどでは「キャサリン妃に似ている」と表現されるように。

 3日後の13日には、旦那様が先発した試合を内野スタンドで1人観戦する様子がテレビ中継で流れ、再び話題に。モデルの経験は無いとのことですが、モデルでも全く不思議は無さそうです。なお夫人の職業ですが、アメリカで小学校の教師をしているとのこと。これだけ綺麗な教員が学校にいるとなれば、生徒達も学校に通うのが楽しみでしょう。

まとめ

 ブキャナン投手はピッチングは勿論のこと、守備・打撃・走塁と本業以外のプレーにも常に全力で取り組んでいます。2018年4月6日のジャイアンツ戦では、アシュリー夫人の見守る前であわやスタンドインかという右翼フェンス直撃のバッティングを見せました。

 さらに、その打球がホームランにならなかったと見るや全力で走り、投手としては珍しい三塁打を記録しました。2019年は6月終了時点で前年までほどの成績はあげられていませんが、ファンも多い選手です。今後の活躍に期待したいですね。

【ヤクルトファンにオススメ!】
ヤクルト戦(神宮球場戦)を無料で視聴する方法。

 - シーズン , , ,