プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

デラロサの巨人での年俸などをまとめてみた!

   

 2019年シーズン前半を終えた時点で、セントラル・リーグで首位を独走する読売ジャイアンツ。救援陣にやや不安が残る中、そのウィークポイントを補うべく獲得したのが、メジャーでの実績もあるルビー・デラロサ投手です。今回は、そんな彼の巨人での年俸などを調べてみました。

プロフィール

本名:ルビー・カルロス・デ・ラ・ロサ・コーポラン
生年月日:1989年5月4日(30歳)
出身地:ドミニカ共和国サントドミンゴ
利き腕:右投げ右打ち
ポジション:投手


 2007年にロサンゼルス・ドジャースと契約し、4年後の2011年5月24日にメジャー初昇格。そして同日のヒューストン・アストロズ戦でメジャー初出場すると、2度目の登板でメジャー初勝利。6月7日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で初先発した後は先発ローテーションに入りましたが、7月31日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で尺側側副靱帯が断裂し、試合終了後に故障者リスト入り。

 その後、側副靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けました。そして、2012年10月4日にトレードの後日発表選手として、ボストン・レッドソックスへ移籍しました。レッドソックスでは2014年に自己最多となる19試合に登板し、うち18試合で先発として投げ初の100イニングクリアを達成。

 このシーズン終了後のトレードで、2014年12月12日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍しました。2015年は32試合全てに先発として登板し、188イニングと2/3を投げて14勝9敗。

 しかし翌年の2016年は5月に右肘を痛め、その後も思うように治らず、2017年8月にはプロ入り後2度目となる右肘のトミー・ジョン手術を受けました。そして、2019年6月22日に日本の読売ジャイアンツと契約しました。メジャーでは7年間で通算で98試合に登板し、26勝30敗で防御率は4.49でした。

巨人での年俸

 あくまで推定となりますが、6月27日の入団から2019年終了までの契約で3,000万円となっています。ジャイアンツは親会社の読売グループが強大な資金力を有しており、毎年のように大型補強でストープリーグを賑わせている球団です。

 外国人選手、中でもメジャーでの出場経験がある選手に対しては、億単位の年俸を出すことも珍しくありません。実際、2019年時点で所属しているゲレーロ選手、マシソン投手、ビヤヌエバ選手、クック投手、ヤングマン投手の5人には、推定1億円を超える年俸が支払われています。

 そう考えると、既にシーズンの半分以上試合が消化された中での契約とは言え、ジャイアンツにとっては安い額と言えるかもしれません。しかしながらデラロサ投手の保有権を売却すると言うニュースが最初に入ってきた際、「前の所属のダイヤモンドバックスよりも日本のNPBの方が高額な年俸をもらえる可能性がある」ことを理由の1つに挙げていると報じられました。


 実際にアメリカ時代の年俸を調べてみると、2019年を含めたここ2年はメジャーでの登板がないため不明ですが、メジャーデビューの2011年以降のMLBでの年俸は2011年が41万4,000ドル、2012年が48万2,500ドル、2013年が49万7,000ドル、2014年が51万ドル、2015年が51万6000ドル、2016年が235万ドル、2017年が75万ドルとなっています

 特に、2015年に14勝を挙げた翌年の2016年以外は1000万円にも満たない額になっており、マイナーリーグで過ごしていた2019年はメジャー時代よりも低いと考えられます。その点を踏まえると、ジャイアンツでの年俸はデラロサ投手側から見れば、十分に納得のいくのかもしれません。

まとめ

 いかがでしたか?デラロサ投手は7月5日にイースタン・リーグの埼玉西武ライオンズ戦で来日後初登板を果たしたばかり。2軍で2試合登板していますが13日には一軍に合流。


 そして、15日に一軍登録もされました。起用法は、「7回以降の勝利の方程式として使う」と原監督がコメントしています。重要な戦力として、非常に大きな期待をされているようですね。

 - MLB , , ,