プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

森下暢仁がイケメンだと話題に!ドラフト1位で広島へ・・・

   

 名門の大分商業高校時代は甲子園出場こそ逃したものの、U-18高校日本代表に選出され、既に注目を集めていた森下暢仁投手明治大学へ進学し、満を持してドラフト1位で広島カープに指名されました。

そんな森下投手は、野球ファンの間でイケメンだと話題になっています。そんな期待のドラ1について、詳しくご紹介していきます。

プロフィール

【生年月日】1997年8月25日
【出身地】大分県
【身長】180cm
【ポジション】投手
【投打】右投げ/右打ち


 小学校生の時は明治少年野球クラブに入団し、その後大東中学校へと進学。中学で肘を故障したことから野手に転向しましたが、進学した大分商業高校では監督のアドバイスを受けて投手に転向。

 再び2年生時からは野手に転向しましたが、秋から再度投手に挑戦するなどしていたため、投手経験は決して多いとは言えない選手でした。高校3年生の時には大分県予選の決勝戦で敗退。

 甲子園出場こそ叶わなかったものの、U-18日本代表にも選出されており、確かな評価は受けていました。その後は両親の強い意向もあり、大学進学を選択。

 明治大学に進学し、2年春からリーグ戦に出場するようになると、防御率がリーグ2位になるなどして活躍。3年春にはエースとなり、さらに活躍。国際大会にも2年生から全ての大会で選出され、大学屈指の右腕としてその名を轟かせました。

イケメンだと話題に

 そんな森下投手がイケメンだと話題に。かなりの小顔であることに加え、つぶらな瞳にスラリと通った鼻筋が特徴的。

 また、彼には同じ大分商業でショートを守っており、現在は國學院大学で野球をされている弟の森下颯太さんがいます。その弟さんもまたイケメンなのだとか。

 兄弟揃ってイケメンというわけですね。野球の実力に加えて顔もカッコいいとなると、森下選手はプロ野球界でどんどん人気になりそうです。


 ちなみに明治大学硬式野球部のプロフィールによると、森下投手はドーナツとバームクーヘンが好きな食べ物なのだそうです。

 男気溢れるイケメンのスポーツマンでありながら、一方でスイーツ好きの一面をも併せ持つ野球選手。このギャップは、好きな人にとってはたまらないかもしれませんね。

ドラフト1位で広島へ

 大学4年の時には、主将としてもチームを牽引して来た森下投手。明治大学で投手が主将を務めたのは、現在中日ドラゴンズに所属している柳裕也投手以来とのこと。

 2019年の全日本選手権では、明治大学を38年ぶりの優勝に導く活躍でMVPを獲得。さらには最優秀投手賞も獲得しました。

 奪三振率の高さに定評があり、空振りを取れる最速154kmの速球が持ち味です。そのほか、110km前後の落差が大きいカーブを混ぜていきます。


 さらにはカットボールやチェンジアップなど、多彩な変化球を使いこなすこともできます。そんな森下投手は2019年のドラフト会議で、ドラフト1位で広島カープに指名されました。

 大学球界でその名を轟かせ、ついにプロの舞台へとやってくる森下投手。その端正な顔立ちと野球センスで、多くのファンに愛される選手になってほしいですね。

【カープファンにオススメ!】
広島カープの試合を無料で視聴する方法!

 - ドラフト , , ,