プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

横浜高校の及川雅貴にイップスの疑い!ドラフト3位で阪神へ・・・

   

 高校球界屈指の左腕と話題になり、横浜高校に入学した時から常に注目を受け続けてきた及川雅貴投手。まだまだ成長段階にあると言われていながら、そのポテンシャルはなかなかのもの。

 2019年のドラフトで阪神タイガースから3位での指名を受けましたが、一方でイップスを疑う声も上がっているようです。強さと脆さを持つ彼の選手像をご紹介していきます。

横浜高校での活躍

生年月日:2001年4月18日
出身地:千葉県

 小学3年生から野球を始め、中学3年の時に日本代表入り。最速140キロを放つスーパー中学生として注目を浴びていたのです。甲子園常連の横浜高校へ進学すると、1年春からベンチ入り。

 2年秋からエースとなりました。高2までは、ストレートと横のスライダーの2種類を主な武器としていました。理由は今後を見据え、球種を増やす前にそれぞれの「球の質」を上げることを優先させ、打ち取る力をつけるためでした。


 1年間カーブを封印することで、勝負できるようになっていきました。3年になり、スライダーの他にカーブとチェンジアップを持ち球に加えていきました。ストレートの最高球速は153キロ

 速さとキレを兼ね備え、しっかり三振を取れる本格派の左腕です。しかし、最後まで投球の安定感は今ひとつのまま、春の選抜では先発するも初戦敗退。

 夏は県大会の準々決勝、相模原高校戦でリリーフ登板するも3失点。結果、逆転負けを喫してしまいました。その高いポテンシャルを生かしきれぬまま、高校野球生活に終止符を打ったのです。

イップスの疑い?

 そんな及川投手ですが、実はイップスを疑う声が一部で囁かれているのです。最速153キロを誇るプロ注目の投手として、星稜の奥川恭伸投手、創志学園の西純矢投手、大船渡高校の佐々木朗希投手と並んで「BIG4」などと呼ばれてきました

 それだけ注目されるということは、言い換えればプレッシャーを周囲から感じさせられることも意味します。そして本人の努力とは裏腹に、ついに3年になるまで安定感が見られなかったのです。

 特に上級生になるに連れ、コントロールの悪さはより目立つようになりました。試合前の投球練習でも、イップス気味の投球が見られるようになっています。

 「イップス」とは精神的な原因などによって、突然思い通りのプレーができなくなる症状です。元はゴルフの世界で用いられていた用語ですが、今ではスポーツ全般で起こり得るとされています

 中学生の時から常に注目を浴びていた中で、徐々に制球難から自信を無くしていく中でイップスになってしまったのかもしれません。しかし、これは一時的なものだった可能性も十分にあります。

 プロの世界で今後しっかりと投球フォームなどを修正することで自信をつけ、コントロールを良くしていくことは十分に可能だと思います。いずれにせよ、今後が楽しみですね。

ドラフト3位で阪神へ

 「BIG4」などと称されながら、思うような活躍ができなかった及川投手。そんな中で、2019年のドラフトでは阪神タイガースに3位で指名されました。

 BIG4の中で、完成度は頭ひとつ程度遅れを取っているような印象も受けられています。しかし素晴らしい速球とキレのあるスライダー。さらにはカーブ、チェンジアップを投げる本格派の左腕であることに間違いありません。


 今の及川投手に足りないと言われているものは、コントロールです。制球力を良くしていくことで、大スターになる可能性は十分に秘めている逸材です。プレッシャーに打ち負けることなく、自分のペースで大エースへと成長して欲しいですね。

 - ドラフト , , , ,