プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

河野竜生がイケメンだと話題に!ドラフト1位で日ハムへ・・・

   

 2019年のドラフト会議で、ハズレ1位指名で日本ハムファイターズに入団した河野竜生投手。社会人ナンバーワンとも評され、新人王や2桁勝利の期待もかかっています。

 そして、イケメンということでも話題になっています。今回は2019年ファイターズのドラ1投手について、ご紹介していきます。

プロフィール

 河野選手は、身長174センチとプロ野球選手としては小柄な部類に入ります。しかし徳島の鳴門高校では、1年春の練習試合で135km/hをマークして1年時からベンチ入り。

 チームも3年連続で夏の甲子園に出場し、河野選手も3年連続でマウンドを踏みました。これは史上5人目の快挙でした。

 高校時代は常時球速140キロ前後の直球とスライダー、カーブ、ツーシーム、チェンジアップを操っていました。JFE西日本入社後は直球のキレが増し、最速も151km/hまでアップ。


 そのうえ、100km/h台のスローカーブもマスターしたことでより球速差が増すようになりました。そして社会人野球における二大大会の1つ、都市対抗野球大会には2017年から補強選手も含めて3年連続で出場し、チーム単独で出場した2019年の大会ではベスト8入りに貢献しました。

 また二大大会のもう1つ、日本選手権では2018年大会で3試合を投げて2完封、敗れた決勝も9回を投げ5安打1失点とほぼ完璧なピッチングでチーム準優勝の立役者となり、敢闘賞を受賞して一気にプロから注目されるようになりました。

イケメンだと話題に

 河野選手は本職の野球のみならず、顔立ちが非常にイケメンであることでも話題になっています。仮契約の際には薔薇を渡され、「薔薇が似合う男」とも言われていました。

 笑顔も非常に爽やかでとても優しそうな印象です。鳴門高校時代は寡黙な性格でしたが、社会人になって広島に行ってからは非常に明るいキャラクターになっていきました。


 ファイターズの栗山英樹監督は、2018年のドラフトで1位指名した明治大学出身の上原健太投手について、指名後の挨拶でカッコいいと指摘しました。そのうえで、「野球選手としてカッコ良くスター性があるのは非常に大事な要素である」と話しています。

 河野選手はそういった意味から、監督からも好まれる選手となりそうです。なお河野選手には、日立製作所でプレーする2つ年上のお兄さん(祐斗さん)がおり、こちらも顔立ちの良さが評判なのです。兄弟揃ってイケメンのようですね。

ドラフト1位で日ハムへ

 河野選手には、春先の4月の時点で全12球団30人以上のスカウトが視察に訪れ、早くから注目を集めていました。2019年のドラフト会議では星稜高校の奥川恭伸選手、大船渡高校の佐々木朗希選手、明治大学の森下暢仁選手ら3人の投手と、東邦高校の石川昂弥選手が重複での1位指名が濃厚とされていました。

 一方で河野選手についても、社会人の投手としての評価、またハズレ1位としての人気はトップクラスと見られており、多くの球団が1位で指名されると目されていました。また、前述の3投手はいずれも右投手であり、中日ドラゴンズの米村明チーフスカウトが「左投手としてはナンバーワン」と発言していた程でした。


 結果的には、ハズレ1位でオリックスと日本ハムの競合となり、後からくじを引いたファイターズの栗山英樹監督が交渉権を獲得しました。JFE西日本の山下敬之監督も、「高校を卒業後の入社当時から物が違うと感じていた」と言い、ストレートに伸びやキレがあり、更に一歩も引かない気持ちの強さを評価していました。

 社会人になってからは精神面で大きく成長し、ピンチになっても力みのない落ち着いた投球ができるようになりました。また、調子が多少悪くても、試合を作って行ける能力もスカウト陣からは高く評価されていました。

 一球一球のボールを狙ったところに投げられるのみならず、同じゾーンの同じ球種のボールでも意図してファールや空振りを取れる程に精度が高いのです。そんな河野投手の、今後の活躍が楽しみですね。

 - ドラフト , , ,