プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

中日のアルモンテ、残留が決定!主な成績がこちら・・・

   

 2018年、来日1年目にして目覚ましい活躍で一躍有名になった中日のアルモンテ選手。2019年10月から球団が交渉を続けてきた結果、12月6日に残留が決定。打撃不振や故障に悩まされた、2019年の成績などをご紹介していきます。

プロフィール

【本名】ソイロ・アルモンテ
【生年月日】1989年6月10日
【出身地】ドミニカ共和国
【身長】183cm
【ポジション】外野手
【投打】右投げ/両打ち
【所属チーム】中日ドラゴンズ


 2005年にニューヨーク・ヤンキースと契約を結んでプロ入り。その後ヤンキース傘下、ヤンキース、ブレーブス傘下、メキシカンリーグを経て、2017年に中日ドラゴンズと契約。

 読売ジャイアンツへ移籍した、ゲレーロ選手に代わる主軸候補として期待されながらの入団となりました。契約内容は、年俸5,000万円+出来高で背番号は42。1年目の2018年は、132試合に出場して15本塁打77打点。

 打率はリーグ5位となる.321をマーク。当初は守備を不安視する声もあがっていましたが、中距離砲のスイッチヒッターとして打撃でのアピールに成功し、シーズン序盤から注目されました。

2019年の成績

 2019年は開幕こそスタメンだったものの、14打数無安打と大不振。その後も福田永将選手と左翼手のポジションを争いましたが、得点圏打率の低さも相まって一度は登録抹消に。

 7月に1軍へ再昇格すると、3番左翼手として定着しましたが8月13日の阪神戦で右太ももを痛め、その後の出場は絶望的になってしまいました。再昇格後の7〜8月は、15試合連続安打を記録するなどして存在感を発揮していた矢先の出来事だっただけに、大変悔やまれるところだったでしょう。

 最終的に2019年は、前年の132試合出場から大幅に下がった49試合のみの出場にとどまっています。また、右太もも故障の後に股関節の故障も判明しており、手術を受けることも検討しているようです。

中日に残留へ

 2019年10月、ドラゴンズがアルモンテ選手に対して育成契約を打診していることが明らかに。そもそも2020年の球団方針が「故障などで開幕から1軍戦力になれない選手は、1度育成契約にする」となっており、助っ人外国人にも適用されていました。

 このことから退団も噂されていましたが、最終的には12月6日に残留することを球団が発表。年俸は現状維持の1億5,000万円(推定)です。


 アルモンテ選手は同球団を通じて、「こうしてまたドラゴンズという家族に戻ることができとても嬉しいです」とコメント。また、次のようにコメントして完全復活を誓いました。

 「自分の力を100%を出してチームがクライマックスマックスシリーズ、日本シリーズに出場し優勝できるよう頑張ります」早く怪我を完治させて、再び彼の活躍が見たいですね。

 - シーズン , ,