プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

平間隼人、巨人の育成ドラフト1位がまさかのキャンプ1軍に大抜擢!

   

 徳島出身で地元の独立リーグに所属する、徳島インディゴソックスでプレーしていた平間隼人選手2019年に育成ドラフト1位で巨人に指名されました。

 そんな彼が、なんと2020年のキャンプで一軍に帯同することになったのです。大抜擢された独立リーグ出身の育成選手について、詳しくご紹介します。

プロフィール

【生年月日】1996年12月16日
【出身地】徳島県海部郡牟岐町
【身長】173センチ
【ポジション】内野手
【投打】右投げ/左打ち


 鳴門渦潮高校を卒業した後は、亜細亜大学への進学の道もあったそうですが、最終的に四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスへの所属を選択。2018年の前半期には、家庭の事情から一度野球を辞め、電気工事士として働いていたという移植の経歴の持ち主でもあります。

 プロへの道が開けなければ、「野球をやめるつもりだった」と本人が言っていたそうです。自他ともに認める車好きで、夢は日産のGT-Rを購入すること。2015年からの5シーズンの間、徳島インディゴソックスでプレーしていました。

 同球団関係者の話によると、プロ野球の一軍で活躍する選手として必要な体力を付けるため、自ら人一倍ハードな練習に取り組んでいたそうです。そんな中、内野手としての守備の上手さ、打席での粘り強さ、足の速さなどが巨人のスカウトの目に止まり、育成ドラフト1位で巨人に指名されました。

育成ドラフト1位、キャンプはまさかの1軍スタート

 育成ドラフト1位の平間選手が2020年、ルーキーイヤーのキャンプを一軍スタートすると報じられました。新人の育成選手が1年目からキャンプで1軍に帯同するのは、実現すれば球団史上初です。

 まさに異例の大抜擢と言えます。そして1月23日、巨人は2月1日から宮崎市のKIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園と那覇市の奥武山公園・奥武山総合運動場にて行われる、春季キャンプのメンバーを発表。

 報道の通り、1軍のメンバーとして育成ドラフト1位の平間選手を含む育成4選手のメンバー入りが発表されました。ルーキーで1軍帯同となったのは彼のみと言うことで、注目されています。


 身長173cm、体重75kgとプロの中では小柄なのですが、50m走5秒9の俊足が自慢です。2019年は四国アイランドリーグトップの43盗塁をマークしました。常に次の塁を果敢に狙い、出塁したら相手のミスにつけ込んでさらなるチャンスに変えてしまう、アグレッシブなプレースタイルが魅力。

 さらには元気の良さも、巨人の首脳陣から高く評価を受けていたのです。足の速さ、判断力、堅実な守備、元気の良さ。そんな新人らしさと独立リーグでの経験こそが、平間選手の魅力であり、巨人で即戦力としての期待が高まっている理由でもあるのです。

まとめ

 いかがでしたか?平間選手は、元ヤクルトの名手として知られる、宮本慎也選手を目標としています。独立リーグ時代から、多くの関係者に野球センスを感じると言わしめてきた平間選手。

 これからがとても楽しみな逸材です。巨人の内野手では、一部一軍に定着していない選手もいるとされ、彼がレギュラーを獲れる可能性は十分にあります。


 キャンプ一軍スタートのチャンスを折角与えられた訳ですから、シーズンでの開幕一軍スタートを目指して、キャンプでも十分に力を発揮して欲しいですね。今後の平間選手に注目していきましょう。

 - ドラフト , , ,