プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

ロッテの佐々木朗希は母子家庭!苦しい時期を乗り越え、プロの舞台へ・・・

   

 令和の怪物と呼ばれ、高校球界を一世風靡した大船渡高校出身の佐々木朗希選手。2019年、ドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団しました。

 そんな彼は、実は東日本大震災で父親を亡くし、母子家庭で育ってきた苦労人でもあるのです。彼のこれまでについて詳しくご紹介します。

プロフィール

【生年月日】2001年11月3日
【出身地】岩手県陸前高田市
【身長】190センチ
【ポジション】投手
【投打】右投げ/右打ち

 小学3年生の時に野球を始めました。2011年3月11日の東日本大震災の後、小学4年生の時から大船渡市に移住。地元の軟式少年野球団「猪川野球クラブ」に入って、野球を続けます。

 中学3年生になる直前に、大谷翔平選手も高校時代に通っていたという青森県の病院で腰の疲労骨折が判明すると、半年間リハビリの日々が続きました。しかし秋には全快し、全国大会にまで出場。

 その際に当時の自己最速、141キロを計測しました。高校は地元にこだわり、大船渡高校に進学。2019年には高校日本代表に選出され、その紅白戦で163キロを計測するまでになっていました。

 一方で、甲子園への出場はなりませんでした。しかし奥川恭伸投手、西純矢投手及川雅貴投手と共に高校BIG4の1人として話題になったのです。

母子家庭

 そんな佐々木投手ですが、陸前高田市に住んでいた2011年3月11日に、東日本大震災を経験しました。当時の佐々木家にはお父様、お母様、お兄さん、朗希投手、弟さんのほか、祖父母が居たため7人家族でした。

 しかし、震災で祖父母とお父様が津波の被害にあり、亡くなられてしまうのです。その結果、お母様と3兄弟だけが残り、お母様は女手一つで3兄弟を育ててきました。家族の半分を津波によって亡くす悲しみは、想像を絶するほどでしょう。

 その3兄弟の1人を大谷選手2世、令和の怪物などと言わしめるほどの大投手にまで育て上げたお母様は偉大に違いありません。佐々木投手は毎朝、お父様の遺影に「行ってきます」と声をかけ、野球に励んでいたそうです。

 また、3つ上のお兄さんがお父様が亡くなられたあと、父親の役目を担っていたとのこと。朗希投手への期待の現れとして、お兄さんはあえて野球での活躍をあまり褒めず、厳しくしつけてきたそうです。

 生前のお父様もまた、長男であるお兄さんに厳しく教育していたことから、受け継がれたのかもしれません。素晴らしいお母様と兄弟に恵まれているからこそ、震災での深い悲しみを乗り越えて、野球に打ち込むことができたのかもしれません。

ロッテに入団

 令和の怪物と呼ばれ話題になりながらも、つらい過去を経験してきた佐々木朗希投手。そんな彼は2019年のドラフト会議で日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団から1位指名を受けました。

 そして抽選の結果、ロッテが交渉権を獲得。2019年11月末に大船渡市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円+出来高払い5,000万円、年俸1,600万円で合意しました。


 お母様は契約の後、「帽子をかぶったり、ユニホームを着ると入団するんだなと思いました。私よりしっかりしているので、何とかやってくれると思いますよ」と笑顔を見せていました。

 女手一つで育てたお母様にとって、かけがえのない親孝行だったことでしょう。高校時代から160キロ台をマークするその才能に、今後の活躍を期待せずにはいられませんね。

 - ドラフト , , ,