プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

ジャイアンツ戸郷翔征のアーム投げが話題に!新人王なるか?

   

 読売ジャイアンツで、若手のホープとして期待されている戸郷翔征投手。ドラフト6位と下位での指名でしたが、高卒1年目から1軍で先発を経験したほどです。

 そんな彼は、独特なアーム投げが特徴です。彼の投球フォームや、新人王の可能性などについてご紹介していきます。

プロフィール

生年月日:2000年4月4日
出身地:宮崎県都城市
利き腕:右投げ右打ち
ポジション:投手


 中学まで軟式野球でプレーし、聖心ウルスラ学園高校に進学してから初めて硬式野球でプレーしました。それでも1年の秋からベンチ入りし、2年時にはエースになって夏の甲子園にも出場

 1回戦の早稲田佐賀戦で完投勝利しています。3年時は甲子園出場を逃しましたが、「BFA U-18アジア選手権大会」に出場した野球日本代表との壮行試合に、宮崎県選抜のメンバーとして出場。

 この試合では、後にドラフトで多くの球団が獲得の乗り出した、根尾昂選手(現中日ドラゴンズ)や藤原恭大選手(現千葉ロッテマリーンズ)など、世代を代表する選手から三振を奪っています。そして2018年、ドラフト6位で巨人から指名されました。

独特なアーム投げ

 身長186cm体重72kgという細身で長身の体型から、長い腕を存分に活かしたダイナミックなアーム投げが特徴の戸郷投手。アーム投げとは、まるでバッティングセンターによくあるマシンのように、テイクバックで腕を上げた際、その腕を伸ばしたままで投げるフォームです。

 現在では珍しくなりましたが、かつてはプロ野球史上唯一の400投手となった金田正一さんを始め、ドラゴンズの小松辰夫さんやジャイアンツの西山一宇さんなど、アーム投げで活躍した投手は多くいました。近年では、登板数とセーブ数の日本記録を持つ岩瀬仁紀さんも、このフォームが特徴的でした。

 昔からの野球ファンなら、懐かしく感じるようなフォームということで、彼の投げ方は話題になりました。アーム投げの投手が減少した理由としては、まず肩の前の部分に大きな負担がかかり、怪我をしやすい投げ方であることが挙げられます。


 また、打者からボールの位置が見えやすく、タイミングを合わされやすいという点も大きな要因です。現代の投球理論では、「後ろは小さくして前を大きく」「手は顔の近くを通すように」が一般的で、多くのピッチャーがこの教えのもとにプレーしています。

 しかし戸郷投手は、中学までキャッチャーをやっていたり、変化球も全て独学で学んだそうで、ピッチングのイロハをほぼ我流で取得してきたのです。そのために、現代野球に逆行するようなアーム投げでプロになるまでになったのかもしれません。

 アーム投げはデメリットもある一方で、胸郭や広背筋を目一杯まで広く大きく使えるため、腕の回転半径が大きくなるというメリットもあります。それによってボールに角度が付き、投げ下ろすようなピッチングになったり、スピード感を増すことにも直結していきます。

 事実、彼は高校時代140km/hにも満たなかったストレートが、プロ入り後に154km/hを計測するまでになりました。これはアーム投げによる効果の1つと言えるでしょう。古き良きアーム投げの若手投手が、今後どのような活躍をするのか楽しみですね。

新人王なるか?

 戸郷投手は2020年が2年目のシーズンとなります。しかし、前年までの一軍での通算登板イニングが30イニング以内であれば、入団5年目まで新人王を獲得できるチャンスがあります。

 彼の場合2019年は一軍で、2試合で8イニングと2/3しか投げていないので、新人王になれる可能性があるのです。一軍初登板はシーズン終盤の9月21日、横浜スタジアムでのベイスターズ戦でした。

 この試合は、勝てばチームの優勝を決められるという非常に大事な試合でした。消化試合などではない結果が求められる試合を任され、更に2020年からは背番号「13」と主力がつけるような番号になったことから、非常に期待されていることが伺えます。


 2020年のキャンプ中に行われた紅白戦では、2月9日に紅組の先発として出場して2イニングを無失点に抑えています。これは、シーズンオフを経ての成長も感じられる内容でした。

 このピッチングについて原辰徳監督は「順調に来ている」宮本和知投手総合コーチは「2桁勝利をする姿が見えた」とコメント。高く評価されているようで、2月15日からの一軍の沖縄キャンプのメンバーにも名を連ねました。

 迷いなく150km/h超の直球を連発させるられる、度胸満点のピッチングスタイルで結果を残せれば、新人王も十分に狙えるでしょう。何よりジャイアンツは、2019年に投手三冠に輝いた山口俊投手がメジャーに移籍しました。その穴を埋めるような活躍に期待したいですね。

 - 選手名鑑2020 , , , ,