プロ野球データルーム

NPBの選手情報・年俸・背番号・FAなどストーブリーグ専門。オフシーズンの暇つぶしにどうぞ。

*

原辰徳が激怒した長嶋一茂の打席「お前さんね、実力の世界なんだよ」

   

読売巨人軍の4番を務め、尚且つあのミスタージャイアンツ長嶋茂雄さんと同じサードのポジションを守っていたことから、「長嶋茂雄の再来」とも言われた現巨人監督の原辰徳さん。

そんな彼が現役の選手として巨人に在籍していた93年に、1人の野球選手がヤクルトから金銭トレードで移籍してきました。

その選手は、当時ジャイアンツの監督を務めていた、長嶋茂雄さんの実の息子である長嶋一茂さんです。

今となっては、一茂さんはテレビに出ているタレントというイメージが強いかもしれませんが、彼は87年にヤクルトスワローズにドラフト1位で入団し、父親と同じようにプロ野球選手だった時代があったのです。

そんな彼に対し、原さんが目を真っ赤に血走らせ、場の空気を凍らせたというエピソードがあります。

原辰徳と長嶋一茂

原辰徳さんは、80年のドラフト1位で巨人に入団します。

入団1年目から頭角を表し、打率.268、HR22本、67打点という成績を収めて新人王を獲得しました。

83年には初めて打率を3割台に乗せ、打点王、最多勝利打点に輝いて巨人の優勝に貢献し、MVPにも選ばれました。

巨人において、3割30本100打点を達成したのは、当時は青田昇さん、長嶋茂雄さん、王貞治さんに次いで史上4人目の快挙でした。

1987年と1988年にも3割30本を達成。ちなみにこれ以降、1996年に松井秀喜選手が38HRを記録するまで、ジャイアンツで30本以上ホームランを打つ選手は現れませんでした。

1995年のシーズンを最後に現役引退。

その後巨人の監督を務めたほか、2009年のWBCでは日本代表の監督を務め、侍ジャパンを連覇に導きました。

一方の長嶋一茂さんは87年に、ヤクルトスワローズにドラフト1位で入団。

翌年の88年4月27日、神宮球場で行われた巨人戦で、ビル・ガリクソン投手からプロ初安打を放ちました。

このプロ初安打がなんとホームランだったことから、『ミスター二世』として注目を集めました。

しかし一方で、当時ヤクルトの監督を務めていた野村克也さんの提唱するID野球には、全く馴染めませんでした。

ミーティング中も、一茂さんはノートに漫画を描くなどしていたそうです。

ただこれは、野村監督がミーティングで実の父親である長嶋茂雄さんを批判したのが理由とも言われています。

93年、父親である茂雄さんが監督に就任した読売ジャイアンツへ金銭トレードで移籍。

獲得の理由について父親の茂雄さんは、

「一茂は実力を出し切っていない。巨人は右打者が足りていないので。」と説明しています。

一方で当時ヤクルトの監督だった野村克也さんは、

「一茂は怖がりでどうしようもないから、父親の元でするのが一番と球団社長に提案してトレードに出した」と明かしています。

しかし、巨人に移籍してからはなかなか成績が振るわず、さらには自分だけ2時間のバント練習を課されたことに暴言を吐き、球団から罰金50万円と二軍降格に加え、出場停止処分を受けたりもしました。

その後、実の父親である長嶋茂雄監督から、

「一茂、残念だけどお前は来年の戦力構想に入っていない」と戦力外通告を受けました。

他球団が獲得の意向を示したりもしましたが、

「これ以上迷惑をかけたくない」と発言して現役を引退しました。

引退について父親の茂雄さんは、

「プロの世界だって1年限りの世界ですから」「監督と選手の関係から親子の関係に戻ろう」

と発言しました。

実力の世界

これは、21年までジャイアンツのピッチングコーチを務めていた、宮本和知さんが明かしたエピソードです。

94年、左足アキレス腱の部分断裂から二軍スタートだった原辰徳さん。

それでもシーズン中盤から終盤に向けて調子を取り戻しつつありましたが、9月7日の横浜戦、7回裏一死走者なしの場面で、長嶋茂雄監督は原さんに代打を送ります。

その代打は、監督の実の息子である一茂さんでした。

結果は三ゴロで、試合も1-2で敗れました。

ベンチに戻ってきた原さんに声をかけたところ、原さんは

「お前さんね、実力の世界なんだよこの世界は。打てなくて変えられるのはしょうがない」

と口にしたそうです。

そして、その時の目は真っ赤に血走っていたそうです。

一見すると理不尽にも思える長嶋監督の采配でしたが、実は長嶋茂雄さん自身も現役時代、川上哲治監督に代打を告げられたことがあります。

その時の試合も2-5で負けたのですが、あえて原さんを変えることによって

「チームのムードを変えたい」「勝機を得たい」といった考えがあったのかもしれません。

この時の代打出場について一茂さんは

「あれは参った。原さんに代打はやめてよと思った」と語ってます。

また当時打撃コーチから、原さんが3打席目で凡退したら、4打席目で代打として出るように聞かされていたそうです。

これについて、「だったら守備固めから入れてくれても良かったのでは?」と疑問を呈し、守備から代わっていれば

「原辰徳のケガや体調不良が原因か?」といったエクスキューズもできたと振り返っています。

一茂さんの主張の通り、4番を務めてきた原さんの心情を、長嶋監督はもっと配慮すべきだったかもしれません。

しかしそうなると、ここまで「代打長嶋一茂」というインパクトも世間には与えられなかったかもしれず、長嶋監督なりの演出にも思えます。

果たして実際の意図は何だったのでしょうか?

そこらへんについては、未だ長嶋茂雄さんの口からは明かされていません。

まとめ

いかがでしたか?

当時はもう巨人の絶対的4番打者だった原辰徳さんに、まさかの代打を送るという采配をした長嶋監督。

「ムードを変えたい」「勝ちたい」

などといった思いからの、苦渋の決断だったのかもしれません。

そして、送られた代打は、監督の実の息子である長嶋一茂さんでした。

代打に送られた一茂さんのプレッシャーも、相当のものだったと思います。

この時の代打について、長嶋茂雄さんの口からは今のところ真相が明かされていませんが、いつかこの真相が分かると良いですね。

 - シーズン , , ,